初心者日本人初! フランスのMTBダウンヒルイベント Alp,dHuez  Maxivalanche参戦!

Alp,dHuez Ride ON

こんにちは、2020年7月にフランスのAlp,DHuezで行われたMTBエンデューロレースMaxivalancheに参加してきました。

maxiavalanche card
ゼッケン38!

本来はMegaavalanche(メガアバラーシェ)に参加しました!と書きたかったのですが、コロナパンデミックで今年は開催見送りです(メガのコースも試走したので別記事に書きます

Maxivalancheとは毎年フランスのVallnord,Cervinia,Maribelで開催されるダウンヒルシリーズですが、今年はMegavalancheがキャンセルとなり、そこでMegaの代わりとして開催されることとなりました。

フランスのAlpdHuezでは毎年Megaavalancheが開催されているので、ここでのMaxiavalancheは今年だけに開催される幻のイベントとなります。なので日本人初参加ですね!

コロナパンデミックの中、他自転車イベントがことごとくキャンセルされる中、UCCさんがギリギリまで頑張ってくれて条件付きでの開催となりました。

感染拡大防止策として、リフトの中や人が密集しているところではマスク着用、参加人数も例年より抑えられ、通常では特に上限定員なしのところを、今年は最大400人まで、コースも毎年Megaの予選で使われるコースを使用していました。

参加は誰でもできます。予選で3つにレベル分けされ、同じくらいのレベルの人たちと出走できるので自分には無理だと思っている方、心配不要です。

登録方法はMegaavalancheのウェブサイトから登録していきます。

同じ主催者UCCが開催するイベントが出てくるので自分が出たいイベントから登録していきます。

フランス語で進めていきますが、入力する項目は日本でのイベントと大体同じです。

翻訳を駆使しながら進めていき最後にクレジットカードで支払います、参加費用はレース期間3日間のリフトパス、事故保健込みで1万円ほどでした。

フランス語はわからない私もグーグル翻訳を使用しながら問題なく登録することができました、 登録が完了するとメールが配信されてくるので、わからなければGoogle翻訳使えば全く難しことはなかったです。

2020年からマウンテンバイクを本格的に始め、初めてのダウンヒルイベントがMaxiavalancheというちょっと変わった感じですが、結果から言うと初心者でも無理なところは自転車から降りればいいので、参加だけなら誰でも可能です!なので、参加したい!挑戦したい!と言う方は来年一緒にどうですか!?(マジで

日程は金曜日にフリーの練習とAlp,DHuezのレースオフィスでゼッケンの受け取り、土曜日に予選、そして日曜日の午前と午後に2回レースを行い合計の順位で決着が本番です。

私は月曜日から現地に入っており、レース参加者のゼッケンに貼り付けてある無料リフト券は金曜日から使用可能なので、月曜日から木曜日までのリフト券を購入し、Huezのコースを爆走しておりました

コースの状態、ドロップの高さや雪の積もり具合、ラインの確認をしていました、コースだけでなく地域周辺がマウンテンバイクパークになっていて、いくつも整備されたコースがあり、    全てのリフトに乗れるので、毎年行われる本戦のコースも楽しむことができます。

イベントだけでなく広大なアルプスのトレイルを十分に楽しメルのでまじでおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました