マウンテンバイク初心者が日本人初のMaxivalanche本戦に出場!

Ride ON

予選が落車でグダグダだった私、本戦の朝、肩はまだ上がりません。

買ったばかりの愛車、キャニョンのニューロンも傷だらけです。

痛み止めを2種類飲んで、モーラスを貼り、いざMaxi本戦へ出陣です。

痛みに屈したら、男にうまれた意味がねぇだろう by Portgus D Ace

リフトでスタートまで登りリフトとリフトの繋ぎのの部分を少し自走します。

普段は痛み止めが効いてるせいかあまり痛みは感じませんが、肩で踏ん張ったときの痛みと違和感が凄いです。。。。。。

不安を抱えながら午前のスタート地点 予選より緊張します、プロクラスはとっくにスタート済みで次のチャレンジャークラスの選手がスタンバイしています。

レースのスタッフが私を見つけて「昨日予選でやっちまっただろ!?心配してたんだよ」と声をかけてくれました、日本人は他にいないので覚えてくれてます、珍しいのか他の選手も声をかけてくれます。

タカヒロー!と名前を呼ばれスタート位置に着きます、私の時だけみんなこっち見るw

YouTubeで何度も聞いた「Alama!」の曲がかかりゾワゾワしてきたー!アマチュアクラスがスタート!

コース序盤はガレガレの岩場と雪のセクション>終盤にはトレイルに変化していきます、とにかく岩、岩、石、石です、こんな岩だらけのコースはここに来るまで走ったことがないので超難しい。

いきなりガツンと痛みが邪魔をして思うように走れませんが午前の部を落車もなく完走することができました。

ゴール地点で午後の開始まで時間を潰し、そのまま午前と同じスタート地点に向かいます、午後の部はもう痛み止めも効かなくなっていたので、カメラも回す気が起こらずゴールだけを目標に走りました。

結果はアマチュアクラスで35人中24位!リタイヤした人も含めてるので下から数えた方が早いっすね!

総合優勝はDamien Oton、Megavalancheに毎年参加しているプロのレーサーです。

ゴール後インタビューをうけるだろうと予想して、フランス語で準備してたフレーズをすっかり忘れてしまったのですが

「Thank you for Organisation, I‘ll be back next year!」👍

で締めくくりました、完走した達成感やレース後の高揚感、参加してよかった!

有言実行なので2021年も参加します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました