レースとバイクパーク

レースの様子とバイクパークの様子

スポンサーリンク
レースとバイクパーク

Megavalanche 2022 登録開始!

<!-- wp:paragraph --> Megavalancheとは、毎年7月にフランスのAlpdHuezで開催されるマウンテンバイクのダウンヒルレースです。2022年は7月2日が予選、7月3日が本戦の日程です。標高3300メートルのアルプス山脈の中の1つの山、PicBlancの山頂から、距離にして25Km、標高差2600mの長さのコースをひたすら下っていきます。コースはスタート直後が雪の急斜面ー次にゴロゴロガレガレの岩場ー終盤が森のトレイル、の構成です。
Ride ON

日本人が世界一危険なダウンヒルレース!2021年Megavalancheに参加してきました

MegavalanheとはアルプスフランスのAlpdhuezで開催されるぶっ飛んだマウンテンバイクレース。 フランスアルプスの山の一つ標高3300メートルのPicBlancの頂上から、標高2600メートルの落差、全長22kmのコースを、マウンテンバイクでひたすら下るレースです。今回はこのカオスなレースに出場してきました。 通常のダウンヒルレースは一人づつのスタートですが、このレースは、グループ分けされた参加者全員が一気にスタートするのでもうハチャメチャです。
レースとバイクパーク

2021年マウンテンオブヘルに参加してきました!

2021年耐久ダウンヒルレースマウンテンオブヘル(以下MOH)が開催されました。2020年はコロナショックで開催は見送りとなったので2年ぶりの開催です。私が住んでいるドイツからは車で8時間、有給休暇を取り、mtbを車に積んで参加してきました。
レースとバイクパーク

世界一危険なMTBダウンヒルレース Megavalanche+Mountain of Hellダブルエントリー完了!

<!-- wp:paragraph --> 題名の通り2021年7月に行われる世界一狂ったダウンヒルレースに2つともエントリーしました!マウンテンオブヘルMountain of Hell(以下MOH)は7月3と4日<、メガヴァランシェMegavalanche(以降Mega)は7月10と11日の開催予定で、開催地はフランスのAlpDHuezとLes2Alpes、距離は車で30分ほど、日程も場所も近いのです。
レースとバイクパーク

やってしまってからでは遅い!MTBの事故から体を守るプロテクター

トレイルを高速で駆け抜けるMTB、根っこやジャンプ、ドロップ、ときには岩場等etc..ロードバイクや街乗りよりは遥かに落車や事故のリスクは大きく、そしてそれが起こったときの怪我も大きいです
レースとバイクパーク

2021年{メガアバランチェ&マウンテンオブヘル}ダウンヒルレースに参加!(予定)

メガアバランチェMegaavalancheとは 追記>エントリーしました。詳細は下画像をクリック メガアバランチェとは毎年フランスのユエで開催されるダウンヒルイベントです。 PicBlancという標高3300...
レースとバイクパーク

ダウンヒルコース MTB {マウンテンバイク ドイツ}

ドイツのバイクパークに行ってきました。
Ride ON

ダウンヒル世界選手権も開催されるオーストリア、バイクパークレオガング(Leogang)のダウンヒルコースレビュー

ザールバッハにも行ったので、レオガングの方ももちろん行きました、レオガングのバイクパークは毎年行われるダウンヒルの世界選手権のコースにもなっています。 レオガングのコースの方が若干上級者向けが多い気がしました、ガチでダウンヒルやってる人は、ザールバッハよりもレオガングの方に流れていくような感じです
Ride ON

マウンテンバイクで濡れた根っこや岩の攻略法、たったの3ポイント

ドイツは10月から3月まで雨が多く、トレイルもずっと濡れています、濡れているからといってマウンテンバイクに乗らない理由にはなりません、濡れているトレイルで一番厄介なのは濡れた根っこと岩でしょう、そこでポンコツ初心者の私でも実践できる、濡れた根っこと岩の攻略法を3つ紹介していきます。 
Ride ON

マウンテンバイクでぬかるんだトレイルを乗りこなす3つのポイント

今日の一人ライドは雪後のトレイルなので、道がかなりぬかるんでいました、ドイツの冬はずっと暗く、雨と雪が続くので、10月から3月まではトレイルはずっとぬかるんでいます、それでも乗りたい私が自分なりに実践しているぬかるみスキル3つです
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました