『おすすめサドルNo1』Sqlab 611 active Endless Summer サドルインプレ

sqlab 611 active 自転車とパーツのインプレ

ドイツのサドルメーカー、Sqlabが販売しているサドルです

マウンテンバイクとシクロ両方で愛用しているサドルです。

重量は228gで長さは28センチ、サドルレールはスタンダードの丸チューブです。

レールがカーボンだったりチタンだったり楕円形だったりと、いろんなモデルがあるので買うときは要注意です。

いくつかサドルをためしたのですが、合うサドルがなかなかなく、これに初めて乗った時はレーパンを履いていないのに痛みを感じず、レーパンを履いて乗ると何キロでも無痛で走っていける気がしました。

実際100kmほどでは無痛でした。

いま実際、前モデルと合わせると5年間使っていますが、100kmロングライドしても痛みはほぼ感じません。もう他のサドルには座れません。

13、14、15cmと幅のサイズが選べ、自分座骨の幅と同じくらいのサイズを買えばいいです。

座骨の測り方は、パンツを脱いで、段ボールに座って尻(坐骨)に体重をかけると、2つ凹むポイントがあるので、そこの真ん中の間の長さを測ればわかります。

Activeモデルはサドルの下に樹脂をはめ込んで、ペダリングするとお尻の動きに合わせてサドルが動き、座骨への圧迫を軽減してペダリングの邪魔をしない構造になっています、汚いですが白いゴムのようなものがその樹脂です。

現在樹脂無しで使っていますが、樹脂なしのほうが私は快適です。

いろいろサドルを試しましたがこの形状がフィットし それ以来これしかうけつけません。

サドルに触れる部位がお尻とピッタリフィットするようになっているので、変なところに体重がかかったりせず、痛くなりにくいです。重量も重くないのでマジでおすすめです。

他のサドルに大事なお尻を任せられません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました