自転車のヘッドのグリスアップ方法 9手順 思ったより簡単

ヘッドのグリスアップ メンテナンス

購入して一年近くたち、バイクパークに行ったり、雪の中乗ったり、フランスでMaxiavalancheレースに出たりと酷使していたNeuron。

その度に高圧洗浄機でガンガンあらっていたので、ガタつきはないのですがハンドルからゴリゴリ異音がしてきました。

原因はヘッドの中が汚れてグリスが流れてしまっていることだと思うので、フロントフォークの取り外しと掃除、ヘッド周りのグリスアップをしました。

※ベアリングの中まではいじりません。

簡単にすぐ終わるので年1回メンテナンスしておいたほうがいいです

必要な工具 六角レンチ ハンマー グリス 雑巾 手袋 テープ 追加でメンテナンススタンドがあったらいいです

手順9ステップ

手順はハンドルとフォークさえ取り外せればあとは簡単です。

1 ホイールとハンドルを取り外す。

2 ブレーキレバー、シフターをとる、キャリパーの方をとってもok、ぶらぶらして邪魔なのでフォークの横にテープでつけておきましょう。

3 スペーサーを取って、ハンドルとステムをとる、これも作業中邪魔になるのでテープでどこかに固定。

4 ヘッドカバーをとる。

カバーを取る

5 フォークをハンマーで上から軽くたたく。

鉄のハンマーでそのまま叩くとコラムが壊れるので

ゴムハンを使うか、ない場合はハンマーの部分とコラムのたたくところに雑巾かクッションになる物を噛ませる

6 フォークが抜けるはずなので抜く。

フォークを抜く

7 砂やごみがたまっているのできれいにふき取る、ヘッドの中もふき取る。

拭き取る際にベアリングが取れて順番がわからなくなるので、不安な人は順番を写真に収めておくといいです。

それかベアリングが取れる場合は取ってしまい、順番に並べておくと後で困りません。

8 フォークとヘッドの部分にたっぷりとグリスを塗る。(今回は錆もなかったので、このままグリスアップだけにしました)

9 フォークを挿して元のように組み付ける。

組み付ける

※注意点

作業前にワイヤーの通し方を写真に撮っておくと組み上げるときに迷いません。

組み上げ後、フォークが奥まで刺さっているか一応ステムを少し緩めて、ハンドルを押してヘッドの方のネジを締めたほうがいい気がします。

今回は専用グリスがなかったので、万能グリスを使いました。

手元にある工具ですぐにできるのでやってみてはいかがでしょうか、慣れれば作業時間は20分ほどです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました