フロントシングルに乗ってるあなたにおすすめ!チェーンガイドを取り付けてみた、簡単6ステップ

チェーンガイド メンテナンス

チェーン落ちはMTBや自転車の宿命

最近のマウンテンバイクはフロントシングルが増えてきて、ナローワイドのチェーンリングが装備され、従来のチェーンリングと比べるとチェーン落ちは減っています。

しかしMTBで長いダウンヒルや。がれ場の下りを走るとたまーにですがチェーンが落ちることもあります。

レース中だと大きなロスになりますし、当たり所によってはフレームに大きな傷がついたりします。

私が今乗っているCanyon Neuronにはチェーンステイの下側にCguideというチェーンガイドをつけていましたが、がれ場の下りやダウンヒルコースでチェーン落ちを起こしてひやりとしたことがありましたし、チェーンを回すとチェーンに干渉してパワーロスがあるのでこいつは処分することとします。

Cguide

しかも一年使ってちぎれかけているのでお役御免です。

なので今回、チェーンガイドを取り付けてナローワイドチェーンリングとのコンビネーションでチェーン落ちのリスクを減らそうと思い購入に至りました。

買った品はこちら、アマゾンで16ユーロ(約2000円ほど)と超特価。

バンド式ではなくBBのインナーに取り付けるBBマウントタイプです。重さは30g

チェーンガイド 取り付け方法

1 クランクを外す

8mmの六角で外しますが、かなりきつく締まっているので大き目のレンチを使ってください。

2 BBの右側を外す

ここに取り付けるのです、逆ねじになっているので気を付けてください。

3 BBでチェーンガイドを固定するように締め付ける

BBで直接チェーンガイドを固定するので、このままCGの上から締め付けます(逆ねじ注意です)

スペーサーの厚さが変わるので下記スラム公式を参考にスペーサーを組み替えてください5ページと6ページ目です。

注意!!私の場合は73mmのWithChasinguideなので、チェーンガイドをBbの内側スペーサーに、2mmスペーサーを外側スペーサーにします。

https://www.sram.com/globalassets/document-hierarchy/user-manuals/sram-mtb/drivetrain/dub-mtb-and-road-cranksets-and-bottom-brackets-user-manual.pdf

4 チェーンガイドの位置を決める

このまま締めると位置の調整ができなくなるので、BB回しをつけたままクランクを取り付けます、クランクのねじは仮止めでいいです。

黒いプラスチック製のスペーサーが付いているのでそれも使って位置を調整。

5 位置の調整

チェーンを回しながら、ギアをトップとローに変えながらチェーンガイドの位置を調整します。

6 クランクを取り付ける

位置を決めてBBを締めたら、クランクを取り外し工具を抜きます、またクランクを戻して終了です。

あまりいじらないところなのでこの機会に掃除やグリスアップをお勧めします。

低コストで取り付けも簡単なのに大きな効果があるので、ロードやシクロクロスにもつけてみるのもいいですね。

チェーンガイドインプレ

軽く試走してきました、階段を下ったり50㎝くらいドロップしてもチェーンが落ちることはありませんでした。

本格的ににコースで試すのはもうちょっと先になりますが、階段を下りても落ちる気配がしなかったので、かなり期待出来そうです。

ナローワイドのチェーンリングが優秀であまりチェーン落ちはないのですが、保険的な感じで使おうかと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました