アルプスマウンテンバイク オーストリア Saalbach 1日目

アルプスバイクパーク レースとバイクパーク

アルプス バイクパーク Saalbach-Hinterglemm 2022

今回は8月はオーストリアのSaalbachにあるバイクパークです。

2年前に一度行ったことがあり、コースもきれいに整備されていて、チケットも安かったので休みをとってリピートです。

走っている時には気にしませんが、とにかくきれいな景色で、芝生に寝転がってぼーっとするだけでも癒されます

アルプスバイクパーク

ヨーロッパで一番規模の大きいバイクパークと謳っているだけあってとにかく広いです。

リフトも10以上あって、コースのバリエーションも豊富。

初心者から上級者まで十分に楽しめるので、子連れの家族で来てる人やカップルも沢山いました。

saalbach map

Leogangのパークまで広がっているのでマジででかい。

リフトチケットは3日間で85ユーロ。

jokercardを使えば30%割引になるのでお得です。

Jokercardはリフトチケットだけじゃなく、他にも沢山特典があるのでマウンテンバイクに乗らない人でも恩恵は受けられます。

Jokercardはパートナーシップに加入している宿に宿泊して、フロントにカードくださいって言うと無料でもらえます。

宿を予約する際には重要なポイントですね。

アルプスマウンテンバイクトレイル

前日が雨だったのでベチャベチャのコンディションでした。

牛がいて、あちこちに糞が落ちているので、マウンテンバイクも私もすぐ糞まみれになりました。

変に避けて走ろうとするとコースアウトするので気にせず楽しみます。

案の定あちこちに跳ねて牛糞だらけになって臭いです。

牛糞
牛糞だらけ

1日目でコースも濡れていたので、今日は上級者コースはなし。

レッドコースの中級者とブルーの初級のコースで楽しんできました。

午後には晴れてきて景色も最高です。

アルプスバイクパーク
hacklbergtrail

目玉のコースはHacklbergtrail。

中級コースですが、誰でも問題なく走れる難易度です。

景色、コースの距離、難易度どれをとっても最高のトレイルで、今までのベスト3に入るコースです。

持ち物

今回は空気入れも、チューブも持たずに走っています。

タイヤもダウンヒル用の丈夫なタイヤを使っていますし、パンクしたら麓まで降ってショップのお世話になればいいので工具一式は宿に置いてきました。

チェーンが切れても下りなので、コネクターも持っていません。

空気入れと基本的な工具ががリフトを降りたところに置いてあるので、空気圧やいろんな調整をしたい時もここで済ませられます。

財布と携帯、空腹を満たすためのおやつだけウェストポーチに入れているので身軽です。

あと2日、天気にも恵まれそうなので楽しんできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました